Designer

title_01

prof2_photo

フラワーデザイナー  秋山奈穂 <mana>
(Atelier Lianamana 代表)

【経歴】
1996年 生花店アルバイト・・お花屋さん人生START !!
日本ブライダルビジネス学院フラワー専科卒業 ディプロマ取得
長年、専門結婚式場にてブライダルフラワーに携わる。
青山・六本木・銀座 と、生花店に於いて、立ち上げや店長を歴任。

フランスパリ在住フラワーデザイナー、セドリック・トネリエ氏、ジュリオン・トネリエ氏に師事。パリスタイルを学ぶ。
その後、ハワイアン&アジアンなトロピカル風や和モダンスタイルなども取り入れて、新しくて個性的な『花スタイル』を、常に模索中。

2005年 Atelier Lianamana 開設
2006年 カットフラワーアドバイザー 取得
2009年 同資格 マイスター 昇格

現在:都内・横浜・湘南エリアで活動中☆

取得資格:ブライダルフラワー専科ディプロマ カットフラワーアドバイザーマイスター
掲載雑誌等:ゼクシー 花時間 フローリスト ウェディングブック

blog_bnr

title_02

私は「ブーケ☆NO1」と言われていた結婚式場でシゴかれ、毎週末、恐ろしい数のウェディングブーケを作ってました。
(その結婚式場のブーケのうまさは業界では有名でした。先輩方がたんまりしごいてくださいました。)
ですが・・レベルが高いとはいえ、なにせ数があまりに多いものですから、やはり若干「ヤッツケ」です。
ご新婦様のお顔も知らずにブーケを作ることもしばしばでした。
技術をつけることに必死で、なんにも考えなかったのですが。周りが見えてくると、やはり「疑問」が生じてきました。

『自分が、丁寧に時間をかけてこなしてあげられる数だけ、しっかり作っていくことはできないのか?』

9年間。色々なお花屋さんをはしごして、そこここのデザイナーさんに勉強させていただき、最終的に独立という道を選びました。

色や素材、形に対しての印象は人それぞれです。その人に似合う色、好きな花も人それぞれ。それが個性です。
お打ち合わせをしご新婦様の個性を引き出し、当日まで何度もやり取り(電話だったりメールだったり)をさせて頂きます。
デザイナーだって人間ですから、そうする事でご新婦様への思い入れもどんどん大きくなっていくのです。
大事なお友達の為にウェディングブーケを作る様に。
フルオーダーメイドの、たった1人のご新婦様だけのウェディングブーケを、丁寧に丁寧にお作りしたいのです。。

貴方には貴方だけの「似合う花」があるはずです。
貴方には貴方だけの「花嫁像」があるはずです。

思い出してください。。
子供の頃、夢に見た花嫁様の姿を。
想像してください。。
貴方にしか似合わない花嫁様の姿を。。

prof_photo

フラワーデザイナー mana@秋山奈穂