花束・アレンジメントを長く楽しむコツ

花束・アレンジメントを長く楽しむコツ神奈川県にあるAtelier Lianamanaでは、生花を使ったアレンジメントや結婚式ブーケをお作りしています。『生花』で作られた花束、アレンジメントは生きているので、長く楽しむためにも手入れをすることが大切です。

こちらでは、綺麗なお花をできるだけ長持ちさせるために、気をつけてほしいことやコツをご紹介致します。

花束の場合

綺麗なお花を長持ちさせるためには、早めにラッピングを外して花瓶に活ける必要があります。この時、茎部分を軽く水洗いし、根元を斜めに2~3cm程カットしてください。なぜかというと、茎の先にはバクテリアがついていて、切り口を新しくすることによりバクテリアを取り除くことができるからです。

また、花瓶に活けた後も、こまめに水替えをして花瓶の中を清潔に保つことが大切です。水替えの際、しっかりと花瓶の中の汚れやぬめりを落とすことで、お花に水や栄養が通りやすくなります。それから、花びらや葉が傷んできたら、その部分を摘み取ってください。こうすることで、美しい状態を長く楽しむことができます。お花が少なく、短くなって来たら、小さな小瓶などに飾るのもおすすめです。

アレンジメントの場合

アレンジメントの場合

アレンジメントのお花は、吸水性スポンジ(オアシス)に挿してあるため、そのまま飾る方が多いと思います。しかし、アレンジメントはお作りしてすぐ水を吸収しているので、場合によっては水が足りていないことも少なくありません。水を含んだスポンジは深緑色をしていますが、水が少なくなると白っぽくなってくるので、スポンジの状態を確認してから水を与えましょう。

また、アレンジメントには様々なお花が使われていて寿命はそれぞれ異なりますが、花束と同じように傷んだお花は早めに抜き取る必要があります。
ただ、傷んだお花を抜くと綺麗だったアレンジメントもバランスが悪くなり、スカスカになってしまいます。そんな時は、綺麗なお花だけをまたコンパクトにアレンジし直すのもおすすめです。

結婚式を華やかに演出する会場装花や、オーダーメイドのウェディングブーケは、神奈川県にあるAtelier Lianamanaにお任せください。最初の打ち合わせから仕入れ・納品に至るまで、全て担当のデザイナーが一貫して行います。また、生花・プリザーブドフラワーアートフラワーの各素材を使い、アレンジメントも行っておりますので、ガーデンウェディングやレストランウェディングでのご利用はもちろんのこと、ギフト用として大切な方へ贈られてみてはいかがでしょうか。デザインやお値段も含め、お気軽にお問い合わせください。

神奈川で結婚式のブーケのことなら【Atelier Lianamana】概要

名称 Atelier Lianamana
所在地 〒231-0844 神奈川県横浜市中区西之谷町52-10
TEL&FAX 045-228-9825
   
E-mail info@atelier-lianamana.com
URL http://atelier-lianamana.com/
説明 神奈川県横浜市にある【Atelier Lianamana】では、ウェディングブーケ・ブライダルブーケをフルオーダーでお作りしております。生花・プリザーブドフラワー・アートフラワーなど、全ての素材でご注文いただけます。一生に一度の大切なご結婚式に、オーダーメイドのブーケを是非ご利用ください。花冠やリングピロー、ヘッドドレスなどのブライダル小物もお作りしておりますので、お値段などご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
日本
都道府県 神奈川県
市区町村 横浜市中区西之谷町